🇯🇵 Japanese

Satoko Nakamura

Japanese Tutor and Translator

中村聡子と申します。日本の兵庫県宝塚市で育ちました。バーンサイド小学校のインターナショナル・リエゾン・プロジェクトでは、現在、日本語や日本の文化を子どもたちに伝えています。ひとりひとりが自らの個性をのびのびと発揮し、力強く人生を歩んでいけるよう応援しています。このほか、留学生が幸せな日常生活を送れるよう支援することや文化交流などの視点から、さまざまなプロジェクトに関わっています。また高校留学後、日本の大学を受験したいという生徒たちの受験指導も行なっています。

現在、ニュージーランドのベストセラー(ノンフィクション)を翻訳中で、2021年に日本の出版社から発売されることをとても楽しみにしています。

趣味:ピアノ、アイリッシュハープなどでクラシック音楽を演奏すること、バレエ、スキー

座右の銘: “Everything can be taken from a man but one thing: the last of the human freedoms—to choose one’s attitude in any given set of circumstances, to choose one’s own way.” ― Viktor E. Frankl

(「人間からすべてを奪おうとしても、ひとつだけ奪い尽くせないものがある。それは、どのような環境を与えられようとも、その中で自分の態度を選び、自分自身の生き様を選ぶという、人間に残された最後の自由である。」)

 

My name is Satoko Nakamura, from Takarazuka City in Japan. Under the International Liaison project, at Burnside Primary School, I am currently teaching Japanese, where I encourage pupils to be original and authentic. Most importantly, I am leading and implementing different projects to help with pastoral care, cultural exchange points of view and marketing for most of our Japanese international students.

Currently, I am translating one of the best-selling non-fiction books in New Zealand into Japanese, which will be released through a certain Japanese publisher in 2021.

My personal interests: playing classical music with instruments such as the piano and the Irish harp, ballet and skiing.

Favourite phrase: “Everything can be taken from a man but one thing: the last of the human freedoms—to choose one’s attitude in any given set of circumstances, to choose one’s own way.” ― Viktor E. Frankl

Want to know more about our school?

Call us and come for a visit!

Call Now
Directions